閉じる

常識を覆す家づくり

HOME > 常識を覆す家づくり

「カッコイイから高くて当たり前」、「デザイナーズ住宅っておしゃれだけど住みにくそう」などデザイナーズ住宅に対してのイメージが固定してしまっていることを残念に思います。見聞きしたこと、またそれらが独り歩きしたことが原因ではないかと思いますが、SIMPLE is...はこれらを払拭いたします。

今までは相反し、共存することは不可能だと考えられていた事を以下に挙げてみます。

  • カッコイイ = 住みにくい
  • デザイナーズ住宅 = 高い
  • 開放感 = 外からの視線
  • 子育て = 散らかる
  • 日当たりの悪い土地 = 暗い

まだまだ世間のイメージではこれらが当たり前だと思われていますし、実際ハウスメーカーや工務店でもこれらを前提として話を進めることが多いです。

しかしシンプルイズは考え方を変えることで今までの常識を覆し、不可能とされていたこれらの5つを可能にしました。

私たちが実現した「5つの共存」をご覧下さい。

SIMPLE is...が可能にする5つの共存

SIMPLE is not simple.

シンプルは決して「簡素」ではない。

5つの共存で導き出したSIMPLEとは、決して「簡素」という意味ではない。シンプルに見える家でもその過程はとても複雑で、一朝一夕に答えを導き出せるものではない。

設計とは、言わばご家族の人生に触れる事。ご家族がどのように生活をし、どのような一生を送るのかを想像し考える事である。決して小手先の技術や機械的な作業では、ご家族の一生を設計することなんてできない。

家は家族とすべてを共にし、すべてを見守る存在である。だから家は生きていなければならない、と私たちは考える。その為には生きた設計が必要である。
外観や間取りがシンプルに見えるその設計背景には、合理的な住まいを突き詰めるため、複雑で緻密な計算を重ねている。
SIMPLEはまさに暮らしやすさの本質を見出した家である。

共存が意味するものとは

全ては、お客様の家族に幸せに暮らしてほしいから。
幸せに暮らすとは、現実的にお金に苦労しないという事です。
「家」を建てる側の私たちがこんな事を言うと矛盾があるかもしれませんが、「家」を買うことで生活が圧迫されるのは不本意なのです。
しかし、おしゃれな家には住んで欲しい、開放感や日当たりを妥協して欲しくない、何かを犠牲にして欲しくない。
その為に私たちができる事を考えた結果、今まで不可能とされていた問題点を解決することこそが「共存」を生み出したと言えます。
家を建てる本当の目的は家族が幸せに暮らせる場所を作るという事で、私たちはそれを妨げる存在であってはならず、応援する立場になりたいのです。

↑TOP