閉じる

04 子育て ≠ 散らかる

HOME > 常識を覆す家づくり > 04 子育て ≠ 散らかる

マイホームを手にしたら、「収納を充実させて家の中はいつもスッキリ」と誰もが思い描くことでしょう。
しかし現実は…ダイニングテーブルには子供の幼稚園や小学校の書類が山積みになり、ダイニングチェアには子供服が掛けてあり、床にはランドセルやおもちゃが散乱し…。 家の中だけではありません。
庭を見ると、三輪車や自転車、外で遊ぶ子供のおもちゃが散乱…「こんなはずではなかった」と多くの子育て世代の方が嘆いているのをよく耳にします。

ただ、子育て中は散らかるものだから仕方ない、と諦めてしまう必要はありません。
これらの問題はシンプルイズの『間取り』が解決します。

子育て ≠ 散らかる

シンプルイズの設計は、その名の通り家族の生活動線をできる限りシンプルになるよう工夫しています。生活の中心であるリビングと子供部屋の動線が限りなく近いことで、子供のものを子供部屋にしっかり収納できるようになり、またパントリーや土間収納もリビング近辺にあるため、リビングをいつもスッキリとキレイに保つことが可能となります。
片付けられない状況はその環境にも原因があると考えられます。
片付けやすい環境を作ることこそ、家を綺麗に保つ近道となるでしょう。

SIMPLE is clean.

SIMPLE is...が可能にする5つの共存

↑TOP