閉じる

03 開放感 ≠ 外からの視線

HOME > 常識を覆す家づくり > 03 開放感 ≠ 外からの視線

『大きな窓を全開にして、気持ちの良い日光や風を室内に採り入れたい』。
これはマイホームを手にする際に多くの人が望むことでしょう。
実際に大抵の家が、南側にリビングを持ってきて大きな窓を取り付けます。太陽の光が照らす開放感あふれるリビングはいつも明るく、心地よい風が室内を快適にする…そんな効果を期待してのプランでしょう。

しかし…入居した後の実際の生活はどうでしょうか。
外からの視線を気にして一日の大半をカーテンで閉ざし、本来の開放感を得られない生活を送ってはいないでしょうか?
開放感と外からの視線、その決して共存できない2つをシンプルイズの『工夫』が解決します!

開放感 ≠ 外からの視線

シンプルイズでは、外からの視線が入り込む道路面や隣接する家がある方向に、むやみに大きな窓を作ることはしません。そうすることで、外からの視線を気にすることがなくなり、同時にカーテンや雨戸の出費を抑えます。

しかしこれでは開放感がない??

イエイエ、これらの解決策として新たな提案をご用意します。
外からの視線をシャットアウトしながら開放的な暮らしを守るための工夫がいくつかあり、それらによって外からの視線が入らない方法で太陽の光が差し込む中、思いっきり開放的にくつろぐことができます。

防犯性能を上げるこれからの新常識

家の外側に窓がないメリットは他にもあります。
それは『防犯性能』です。
日本の住宅侵入窃盗件数の内、半数以上を占めるのが窓からの侵入と警視庁は発表しています。
その侵入経路を断つことで、防犯性能は格段に上がります。
窓のある家、窓のない家、侵入犯がどちらを選ぶかは明確です。

SIMPLE is safety.

SIMPLE is...が可能にする5つの共存

  • カッコイイ≠住みにくい
  • デザイナーズ住宅≠高い
  • 開放感≠外からの視線
  • 子育て≠散らかる
  • 日当たりの悪い土地≠暗い
  • カッコイイ≠住みにくい
  • デザイナーズ住宅≠高い
  • 開放感≠外からの視線
  • 子育て≠散らかる
  • 日当たりの悪い土地≠暗い
↑TOP