閉じる

01 カッコイイ ≠ 住みにくい

HOME > 常識を覆す家づくり > 01 カッコイイ ≠ 住みにくい

一般的に、オシャレでカッコイイ家というのは住みにくいと言われます。これは、デザイン性を保つために性能や頑丈さ、そして住みやすさという貴重な要素を犠牲にしているからです。あくまでも家が主役という考えのもと、建築家や設計士のエゴで作ってしまい、本来主役となるべき家族の生活を蔑ろにしてしまっていると言えるでしょう。

しかし、すべてのカッコイイ家が住みにくいわけではありません。
SIMPLE is...の『デザイン』がカッコ良さと住みやすさの共存を可能にします。

カッコイイ ≠ 住みにくい

シンプルイズのデザインにおいて最大の特徴は、これまでの家に比べて視覚的要素が圧倒的に少なく、シンプルなデザインになっていることです。
快適さや暮らしやすさを保ちながら、不要なものを取り除いていき、シンプルですっきりしたデザインを生み出していくのです。
それはデザインありきで始まるのではなく、いわば「機能美」と呼ぶべき美しさ。そこに住む人が快適で幸せになれる要素を見つめ、それを追求することで生まれるデザインなのです。

重要なのは、「どうシンプルなのか」ではなく、「なぜシンプルなのか」です。

SIMPLE is smart.

SIMPLE is...が可能にする5つの共存

↑TOP