閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 一番多い家づくりの失敗談

一番多い家づくりの失敗談

2021.7.19

最良の住宅ローンを選ぶことが出来ない一番の理由は、“住宅ローンの情報に乏しい”こと。

家づくりの進め方を間違えてしまうことは、選ぶべきではない住宅ローンを選んでしまう大きな要因となります。

そのため、家づくりをすると決めたら、まずは正しい進め方を知ることから始めなければいけません。

一番多い家づくりの失敗談

 

 

家づくりは、まず資金計画からはじめ、予算決めをしっかりと行った上で進めるべきです。

家だって他のモノと同じように自分自身の予算を分かった上で、予算に合わせて選ぶのが基本です。

 

しかし、資金計画もままならないまま、見切り発車で家づくりを行ってしまっている方が数多くいらっしゃいます。

そして、その典型的な例が、、、

 

“土地を先に選んできてしまう”ということ。

 

 

土地を先に選んでしまった場合、どうしても土地に予算を掛け過ぎてしまいます。

その結果、家に掛けられる予算が大幅に減ってしまう、あるいは、住宅ローンの借入額を大幅に増やさざるを得なくなる可能性があります。

 

例えば、

あなたが毎月、無理なく支払っていくことが出来る返済額の総借入額が2500万円。

そして、自己資金が300万円あった場合。

あなたは2800万円という総予算の中で家づくりを行うべきです。

 

そして、その総予算を

土地や家以外にかかる経費(諸経費)の合計300万円、

外構工事(庭の工事)にかかる費用100万円、

家にかかる費用1800万円だとすると、、、

あなたが土地に使える予算は600万円ということになります。

 

 

本来は予算がおさまる範囲内で土地探しをしなければいけませんが、

 

・資金計画をせずに土地を探してしまう。

・あなたが住みたい地域の土地相場が1000万円前後する。

・友人・知人の多くが1000万円で土地を購入しており、それが平均金額だと勘違いしてしまう。

 

ことがあったら、当たり前のように1000万円を基準として土地探しを行い、1000万円を超える土地を購入してしまいます。

結果、予算オーバーをした状態で家づくりを進めざるを得なくなってしまいます。

毎月の返済に換算すると、ざっと12,000円前後の予算オーバーに、、、

 

 

返済負担は上げたくない!

予算にゆとりがあるのなら、その負担を上げることも出来ます。

しかし、あなたが返済負担を予定より上げたくないと考えるなら、より金利が安い住宅ローンを選ぶしかありません。

 

つまり、本当は全期間固定で住宅ローンを選びたいのに毎月の返済がキツいからという理由で、固定に比べて金利が安く設定されている変動金利を選ばざるを得なくなってしまいます。

結果、目先の返済はなんとかクリア出来たとしても、将来、金利が上がってしまうかもしれないというリスクをずっと背負ったまま暮らすことになるかもしれません。

 

これを防ぐには、最初に資金計画を行うことです。

そして、きちんと予算を設定した上で家づくりを進めていくようにするのが大切です。

 

 

ということで、これから土地探しをしようと思っているなら資金計画をしてもらった上で、進めていただければと思います。

それでは、、、

 

 

来場予約
↑TOP