閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 美しい家にするために知っておくべきこと

美しい家にするために知っておくべきこと

2020.9.4

誰もが羨ましがるようなお洒落でカッコイイ家にするために、欠かせない絶対的な条件が、“美しい外観であること”ではないでしょうか?

 

しかし、間取りの中に、自分たちのあーしたい、こーしたいを詰め込めば詰め込むほど、それに反比例するかのように、家の外観はどんどん不細工になってしまいます、、、

美しい家を建てるためのポイント

 

 

間取りや動線を指定されると、その通りの図面を書くことしか出来なくなるし、その上、窓の数や位置まで指定されると、その通りの外観にするしかなくなるからです。

また、多くの方が、間取り図だけを見て、間取りの変更をしようとするのですが、これも景観を損なう大きな要因となります。

 

窓の形やサイズがバラバラになったり、設置する窓の高さがふぞろいになったり、給湯器やエアコンのダクトカバーや、2階トイレの配管、換気扇、樋(とい)などの設計図やパースではなかったモノが、“えっ?こんなところに!?”という場所に出てきてしまったりするからです。

 

それゆえ、美しい家をつくるためには、間取りや動線、窓の数や位置を指定したり、間取り図だけを見て間取りを変えないようにしていただきたいんですよね。

 

つまり、土地に合わせて設計士に提案してもらうことが大切だということです

そして、その意図をきちんと説明してもらった上で、どうするかを考えるようにすべきなんですよね。

 

そして、大切なことは余分な部材を少なく設計することです。

 

 

玄関がある面は、いわば家の顔となる正面なのですが、エアコンの配管などを配置しない。

そして、樋や、換気扇の外部カバーも見えないように配慮して設計をする。

 

そういった積み重ねにより、外壁と必要最小限の窓と玄関ドアしかない究極的にシンプルな外観となるのです

 

このように家の見え方にまで配慮しながら間取りを考えていくことで、家の外観の美しさが格段にアップします。

 

また、家が美しくなるだけじゃなく、汚れの原因となる部材をなくしたことで、家が汚れにくくなり、その結果、塗り替えなどにかかるメンテナンスコストを抑えることも出来ます。

さらに、外観が美しくなることで、家の不細工さをカバーするための、無駄な外構工事(庭の工事)費用も、必要最小限に抑えることが出来るようになります。

 

家そのものが美しければ、家だけで圧倒的な存在感が出るため、引き立て役となる庭の装飾が一切必要なくなるからです。

 

まとめると、家の外観を美しくすることが出来れば、誰もが羨ましがるような素敵なお家で暮らすことが出来るだけじゃなく、初期費用としてかかる外構工事費用や、継続コストとしてかかるメンテナンスコストもカットしてくれるため、素敵なお家をより安く手に入れることが出来ます。

 

いかがですか?

こういった説明を受けるのと受けないのとでは、図面に受ける印象が全く違ってくると思いませんか?

あなたに提案させていただくプランは、動線はもちろんのこと、景観やコスト、防犯やプライバシー、そして耐震や住みやすいさなど全てについて同時に考えながら出来上がったものです。

 

ですから、自分で住む家だから自分で色々と考えたい気持ちも分かりますが、本当に住みやすいことはもちろんのこと、美しい外観にしたいとお考えであれば、プロである設計士にまずは任せてみていただければと思います。

 


こういったお家づくりをされたい方は、ぜひSimple is...(シンプルイズ)のモデルハウスへお越しください。

下記より、ご予約承っております。

 

 

~岡崎市・豊明市・幸田町で注文住宅を建てるならSIMPLE is…(シンプルイズ)へ~

来場予約
↑TOP