閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 家づくりをする時にカットすべき要素とは?

家づくりをする時にカットすべき要素とは?

2020.5.19

皆さんこんにちは!

Simple is...(シンプルイズ)で住宅アドバイザーをしております曽我です!

 

最近やっとコロナウイルスが落ち着いてきまして、いつも先輩と行っている天下一品(ラーメン屋)岡崎店が営業再開しました!

20時までという制限はありますが、またいける事が嬉しいです!

自分達は、いつもこってり+ライス(大)しか頼みません。

こればっかり食べていると、自分の将来の姿が目に浮かぶなあと思いつつも食べてしまいます、、、

食生活は、仕事や生活にも影響してきますので、適度にバランスの良い食事を心掛け健康で健やかな生活を送っていきたいと思います。


本日は家づくりをする際にカットすべきコストについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

家づくりと同時に見つめ直していただきたい事の1つが、“生命保険”です。

 

というのも、家を建てる時に、住宅ローンを借りるとなると、必然的に“団体信用生命保険”という掛け捨ての生命保険に加入することになるからです。

 

住宅ローンを借りている本人にもしものことがあった場合、住宅ローンの残債がゼロになるという保険ですね。

となると、もしもの場合に備えて、必要以上に保険に加入しなくてよくなります

では、その理由についてご説明していきます。

 

家づくりをする時にカットすべき要素とは?

 

 

もしものことがあった場合、“遺族年金”と呼ばれる年金が配偶者には支給されることになります。

そして、お子様が小さいうちは、さらに上積みされた遺族年金が支給されることになります。

さらに、住宅ローンの申込人が亡くなるということは、その方の生活費や車の維持費などが、一切いらなくなるということでもあります。

 

例えば、車を1台維持するための費用は、車体の分割費用の他、ガソリン代、保険代、車検代、メンテナンス代なども含めていくと、毎月7万円ほど掛かると言われているのですが、車の維持費を含めた生活費が全てなくなるとしたら、家計の負担が大幅に削減されることになりますね。

つまり、住宅ローンの残債がゼロになった上に、生活費が大幅に減り、年金収入が入ってくるようになるため、これに給与収入があれば、充分ゆとりを持って暮らしていくことが出来る事になります。

 

それゆえ、必要以上にもしもの場合に備えて、無駄に保険に入り過ぎる必要はないということになってくるんですね。

 

また、日本は諸外国と違い、国民みんなが保険制度の下で、健康保険をはじめ公的な保障が十分に整っているため、医療保険にもお金を掛け過ぎる必要もありません。

国民年金さえしっかり支払っていれば、みんな“高額療養費制度”を利用することが出来るからです。

 

 

多くの方が、仮に100万円もの医療費がかかってしまった場合、国民の負担割合である30%の30万円が必要だと考えてしまいます。

ですが、この“高額療養費制度”を利用すれば、実質的な自己負担は10万円以下で済みます。

 

毎月3,000円や5,000円もの多額の掛け金を医療保険に掛ける必要はなく、掛金を減らして、その減らした分を貯蓄することで、現金を残しておくようにした方が、合理的ですよね!

 

病院側だって、ベッドにも限りがあるし、経営的な面から見れば、出来れば入院期間を縮めて、通院に切り替えたいわけなので、保険適用外となる通院費用が、別途で必要になってくるかもしれないわけですからね。

 

 

以上のような理由から、あなたがもしもの場合に備えて、必要以上の保険に加入しているとしたら、家づくりと同時に全て一度見直されることをオススメさせていただいています

もしかしたら、保険の見直しだけでも、1万円〜1.5万円もの老後資金が捻出出来ることになるかもしれませんからね。

 

お家を考えるという事は、その後の生活を考える事に他なりません。

お家を考えていくこの機会に、自分達はお家を購入することでどういった生活になっていくのか、金銭面はお家を購入する上では、かなり大切な部分になってきますので、これを機に一度見直してみてはいかがでしょうか?


是非、シンプルイズで将来のお話をしてみませんか?

下記より、ご予約お待ちしております!

 

 

~岡崎市・高浜市・碧南市で注文住宅を建てるならSIMPLE is…(シンプルイズ)へ~

 

 

来場予約
↑TOP