閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > その○○は本当に必要なのか?を考える

その○○は本当に必要なのか?を考える

2019.12.17

こんにちは!SIMPLE is...の大平です。

 

今年も残すところあと2週間となりましたね。

あっという間の1年でした(>▽<)

年々、1年過ぎるのが早く感じます・・・。

 

残り2週間ですが大平家は全く新年を迎える準備ができておりません(やばいです!!)

週末も息子たちの習い事の試合があったりで、バタバタとしておりますがどうにか時間を見つけて大掃除を頑張りたいと思います。

 


 

IR様邸

 

 

その○○は本当に必要なのか?を考える

 

寝室や子供部屋といったプライベートルームを2階に配置している一般的な2階建て住宅の場合、それらの部屋をゆったりと確保するコトが出来ます。

 

また、寝室や子供部屋をゆったり確保したとしても、それでもまだ2階にはスペースが余ることから、収納までもゆったり確保することが出来ます。

 

しかしその反面、2階建て住宅の場合、1階に収納が充分確保出来ないことが多く、片付けにくく散らかりやすい家になってしまったり、生活動線が悪く住みにくい家になってしまいやすい・・・という傾向があります。

 

というのも、見事なまでに子供たちが、自分たちの荷物を自分の部屋まで持って行ってくれないため、それらがリビングやダイニングに散乱することになるからです。

 

そこで、一般的には1階に和室を確保したり、あるいは1階に余分に収納を確保することで、その問題を解決するいう手段が考えられるのですが、そうすれば建築コストが高くなってしまい、結果、予算オーバーを招くことになり、そのしわ寄せが日々の生活にのしかかってくることになります。

 

また、家の面積が広がれば、冷暖房効率も悪くなるため、一生払い続けなければいけない電気料金までも、高くなってしまいます。

 

つまり、住宅ローンと電気代の二重苦に苦しむことになってしまうというわけです。

 

建築コストを上げずに住みやすい家にする秘訣

ですから、これからの生活を少しでも楽にするためにも、建築コストをアップさせることなく、また電気料金もアップさせることなく、最小限の予算で、より使いやすく、より住みやすい家を創ることが、非常に大切な要素となってきます。

 

そして、そのためには2階建てありきで家を考えるのではなく、出来るだけ1階だけで完結させられるように間取りを考えていきます。

 

1階に部屋や収納が多くあった方が、住み始めたすぐも、そして将来的にも、間違いなくずっと使いやすく住みやすいからです。

 

しかしながら、1階が大きくなればなるほど、建築コストは割高になってしまうものなので、建築コストの上昇を抑えていくための工夫が必要になります。

 

その1:廊下は本当に必要か?

家には、廊下があることが当たり前となっていますが、この廊下にも、部屋や収納と同じようにコストが掛かっているという事実に目を向けている方は、意外にいらっしゃいません。

 

また、廊下をつくればドアの数も必然的に増えることになるし、その廊下に接するドアは閉めておきたくなるものです。

 

結果、廊下の面積に加えて、ドアの数だけさらに家のコストがアップすることになるし、ドアを閉め切ってしまうと、家の中には温度差が生まれやすくなってしまいます。

 

それゆえ、廊下を最小限に抑えるか、あるいは限りなくゼロに近づけていきます。

 

その2:子供部屋にその広さは必要か?

2階建て住宅の場合、当たり前のように2階に子供部屋をつくり、しかも6帖という広さを確保します。

 

しかし、現実的に考えると、2階につくった子供部屋はほとんど使われることがありません。小さいうちは親と一緒に過ごすし、やがて家を出て行くことになるからです。

 

それゆえ、子供部屋は1階につくることをオススメしています。この方が、この部屋をずっと無駄なく使いやすいからです。

 

とはいえ、6帖という広さのまま1階につくってしまうと、単純に建築コストは跳ね上がってしまうため、1階につくる場合は、子供部屋の面積を少し縮めるようにします。

もちろん、予算があるのであれば、自由に広くとっていただいても全然構わないです。

 

その3:寝室にその広さは必要か?

そして、子供部屋に限らず、寝室だって無駄に広げる必要は一切ありません。

というのも、寝室にはウォークインクローゼットがセットになっている場合が多く、衣類や布団などは全てこのクローゼットに片付けるし、昔のようにタンスや鏡台といった置き家具もないからです。

 

寝室は、文字通りただ寝るだけの部屋です。であれば、この部屋もあなたが寝るベッドさえ置くことが出来れば、

それだけで充分だと思いませんか?

 

いかがですか?

 

この3つの要素を見つめ直すだけでも、実は、建築コストを大幅にカットすることが出来るようになります。

そして、平屋の実現も充分可能になってきます。

 

ですから、図面に記載されている坪数や、平面図で見る部屋の広さにこだわることなく、現実的に暮らし出した後のことを想像しながら、予算内で実現出来る、あなたのご家族にとって、ずっと住みやすい家とはどんな家なのか?ということを、真剣に考えるようにしていただければと思います。

 

それでは、、、

 


 

是非SIMPLE is...のモデルハウスへお越しください。

下記よりご予約承ります。

 

 

 

スタッフ一同、お待ちしております。

 

↑TOP