閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 収納は、ただ単に多いだけでもダメ?

収納は、ただ単に多いだけでもダメ?

2019.9.24

こんにちは、SIMPLE is...の廣瀬です^^

 

やっと蒸し暑さがなくなり、

秋の涼しさを感じられる日が多くなりましたね。

 

我が家でも夏仕様から秋仕様へ

ちょこちょこと衣替え、インテリア替えをしています。

 

お気に入りは

昨年購入したドライフラワーになっている

「パンパスグラス」。

 

存在感のあるパンパスグラスを玄関に置けば

たちまち秋仕様に変わるのです^^

今年も少しずつアイテムを買い揃えながら

楽しみたいと思います♪

 


 

S様邸

 

収納は、

ただ単に多いだけでもダメ?

 

せっかく家を建てても、

収納が少なすぎると荷物が収納しきれず、

LDKに収納家具を置かざるを得なくなり、

LDKに荷物が散乱し、せっかく広くつくったLDKが

狭苦しくなってしまったり・・・。

 

それでもまだ収納が足りず、

実家に荷物を置かせてもらわざるを得なくなり、

不便な生活を送ることになってしまいます。

 

ですから家を建てる時には、

そうならないように収納をつくらなければならないのですが、

かといって、ただ単に広くつくればいいわけでもなく、

また、数を多くつくればいいわけでもないのが収納です。

 

例えば、一般的な2階建ての家を建てようと思えば、

1階にLDKや水廻りを配置し、

2階に個室を配置することになると思いますが、

このような家の場合どうしても1階に収納が少なく、

逆に2階に収納が多くなってしまいます。

LDKに1階の多くのスペースが必要になり、

収納をつくるためのスペースがなくなるからです。

 

そして、2階に多く収納があれば、

一見、充分な収納が取れているような

錯覚に陥ってしまうのですが、

2階の収納が多くても、1階に収納が少ないと、

LDKは間違いなくモノが溢れ、

狭苦しくなってしまいますし、

実際家を建てた方の多くが、この状態に苦しんでいます。

 

乾いた洗濯物や子供たちのものを

いちいち2階にある自分たちの部屋まで持っていくのは、

かなり面倒くさいことなのです。

 

しかし、これを回避する為に、

広さを維持したまま、更に1階に収納を付け足すとなると、

LDKの狭苦しさは解消されるかもしれませんが、

その分、コストというしわ寄せがやってきます。

 

となれば、日々の生活に余裕がなくなってしまうし、

子供の教育資金の準備が難しくなり、

自分達の老後のための資金も

準備することが出来なくなってしまいます。

面積が広くなれば、

比例して維持管理の手間もかかることになります。

 

ですからいかに面積をアップすることなく、

そしてコストをアップすることなく、

必要なだけの収納を必要な箇所に確保することが出来るのか?

またそれに加えて、

いかに常識にとらわれず部屋の配置が出来るのか?

ということが間取りづくりにおいて

非常に大切な要素となってくるわけです。

 

そしてもう1つ注意しておきたいのが、

収納のつくり方です。

 

収納を多くつくろうとした時、

小分けに収納をつくってしまいがちになるのですが、

このようなつくり方はどこに何を置いたのかを忘れてしまい、

いざ必要な時になかなか見つけられず

イライラすることになってしまったり、

見つからなかった場合買わざるを得なくなり、

無駄な出費を強いられることになってしまいます。

 

また、小分けに収納をつくると、

コストがかさむ原因にもつながります。

 

例えば、キッチンの前のスペースを利用して、

造作収納をつくりたいというご要望をお聞きしますが、

この造作収納をつくってしまうと、

これだけで10万円ぐらいのコストがかかることになります。

それ以上に造作収納があることで、

テーブルをキッチンに引っ付けて置くことが出来なくなり、

LDKに余分なスペースを確保しなくてはならなくなります。

仮に2帖(=1坪)面積が増えたとしたら、

それだけでかなりのコストがかかることになってしまいます。

 

また室内のドア(建具)が増えることも、

コストアップにつながります。

収納を小分けにつくれば、

収納用のドアがそれだけ必要になります。

 

例えば収納用のドアの価格が2万円だとして、

それが小分けで5カ所あれば、

それだけで10万円コストがかかります。

 

ましてや一般的には、

高さが2mのドアを使っている会社が多いと思いますが、

弊社では天井付近まで明るさをもたらすため、

またより室内空間に開放感が感じられるようにする為、

天井高と同じ2m40cmのハイドアを標準にしており、

このドアのコストは、一般のドアの2倍近くします。

 

ですから弊社では、無駄に小分けに収納をつくったり、

わざわざコストがかかる造作収納を設置せず、

必要な箇所に、必要な大きさの収納を配置させて頂くようにし、

より使いやすく、また同時にコストも

カットするようにしているというわけです。

 

このようにしながら、

無駄にコストをかけず必要最小限のコストで、

ゆったりとした居住スペースと充分な収納をつくることで、

いつまでも使いやすく、暮らしやすい住まいを

つくるようにご提案させて頂いています。

もし、あなたがそんな家で暮らしたいなと感じられたなら、

ぜひ一度、弊社にお越しいただければと思います。

 


 

是非SIMPLE is...のモデルハウスへお越しください。

下記よりご予約承ります。

 

 

スタッフ一同、お待ちしております。

↑TOP