閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > これからの家づくりで大切なこと

これからの家づくりで大切なこと

2019.8.23

こんにちは。

simple is...の中村です。

 

8月も残りわずかとなってきましたが、皆様お盆休みはいかがお過ごしでしたか?

僕は久しぶりの4連休、実家に帰ったのですが、

あいにく3日間とも台風の影響で何処にも行けず、ずっと家で過ごしてました。

おかげで久しぶりにゆっくり過ごせたかなと思います。

連休が終わり8月も残りわずかとなりましたが、

暑さに気を付けて体調管理をしっかりしてくださいね。

K-3様邸

さて、お家づくりを進めていくうえで最も考えなければいけない事が、

今だけを考えて行動するのはキケンだと言うことです。

現在、原則として国民年金は65歳から受け取ることが出来、

厚生年金は生年月日に応じて60才以降から受け取ることが出来るようになっているんですが、

おそらく今後は、この受給開始年齢がどんどん引き上げられていくことになるでしょうし、

年金額だって、どんどん少なくなっていく可能性があります。

 

たとえ給料が大幅に下がることになったとしても、

一生現役で働いていくつもりでいなければいけないのはもちろん、

IDECO(個人型確定拠出年金)や生命保険などを利用し、お金を上手く運用することで、

不足が予想される老後資金を自分自身で積み立てていく必要があります。

つまり、これからの時代は自分自身の今後の生活のために、

今まで以上にお金を残していかなければいけないということなのですが、

そうなれば、自ずと自由に使えるお金が減ってしまうことになります。

そして、家づくりの予算に対する考え方も変えるようにしなければいけません。

 

まず、第一に考えるようにしなければいけないことは、

家に負担を掛けすぎないということです。

一生に一度の買い物ですし、せっかく建てるんだから、

なるべく思い描く理想を叶えたい・・と考えるのが家づくりです。

 

また、インターネットという手段によって、いとも簡単に情報や画像が手に入るため、

夢が膨らみやすくなってしまい、それに伴って予算も上がりやすくなってしまうのも、

現代の家づくりの大きな落とし穴です。

 

家を建てたからといって、全てが犠牲になってしまっては元も子もありません。

家を建てても旅行に行ったり、自分の趣味を満喫したり、好きなものを買ったり出来ないのでは、

ストレスばかりが溜まってしまうことになります。

ましてやメンテナンス費用だって必要になるし、

老後資金も自分で準備していかないといけないわけです。

 

まず、予算をしっかり把握して、

その予算に合わせた土地を選び、家を建てるようにする必要があります。

 

そしてもう1つ大切なことが、

将来余分なリフォーム費用がかからない家にすることです。

 

家に負担をかけないということを間違えて捉えてしまうと、

将来、余分なリフォーム工事をしなければいけないだけじゃなく、

余分な増築までも強いられることになってしまいます。

リフォーム工事とは、耐震補強や断熱補強、

増築とは、1階に部屋を増やしたり、増築工事の事です。

 

皆様がそうであるように、皆様のお子さんたちは、やがて家を出てゆき、

自分で所帯を持ち、自分で家を建てるようになります。

つまり、子供たちの部屋はいつまでも必要じゃないということです。

 

また、いつまでも若いわけじゃなく、

やがて足腰が弱ってしまうかもしれないので、

その時にも備えた家にしておく必要だってあります。

 

これからの時代は家もお金同様に、今の状況だけを考えて計画してしまうと、

将来に予想だにもしなかったしわ寄せがやってきてしまうことになります。

そしてそのせいで、不便な暮らしか貧しい暮らしのどちらかを

選択しなければならなくなってしまうことになります。

 

そうならないためにも、間違えた家づくりだけは

絶対にしないように充分に気を付けていただければと思います。

 

それでは、、、

↑TOP