閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 暮らしやすくて使いやすい家にするために必要な要素

暮らしやすくて使いやすい家にするために必要な要素

2019.8.18

こんにちは、スタッフの河島です♪

 

4日間の夏休みを頂いていたSIMPLE is…ですが、昨日より元気いっぱい!!業務を再開していますよ(^O^)

 

皆様はどんな夏休みを過ごされたでしょうか?

私は、夫の実家へ帰省し、久しぶりに揃った家族と賑やかな時間を過ごしました。

お寿司にうなぎ、天ぷら、、テーブルに並ぶごちそうに箸が止まらず、数日ぶりに着た仕事用の服が心なしかキツイような、、、。

お休みを満喫し、心も体も満タンです♪♪

また仕事に、家事、育児にと頑張りたいと思います!

 

 


せっかく家を建てるんだから、絶対に妥協したくないと思われるでしょうし、

実際、妥協だらけの家では打ち合わせをしていても楽しくないでしょうし、暮らしだしてからも全くテンションが上がらないでしょうから、いかに、最も大切な家そのものを限られた予算の中で理想に近い状態で実現していくのかが、家づくりではとっても大切なポイントになってきます。

 

今回は、SIMPLE is…があなたが望む予算の中で、どのように家をご提案させていただくかについてお伝えさせていただきます。

 

 

目次

・家事の手間と負担を軽減する

 

・1階に収納を多く作る

 

・敷地が許す限り1階を大きく作る

 

LDK

暮らしやすくて使いやすい家にするために必要な要素

 

 

 

家を考える時、最も大切にしなければいけないのが、“暮らしやすさと使いやすさ”です。

 

 

・家事の手間と負担を軽減する

一般的に、キッチンと洗面脱衣が近い動線だけで家事動線がいいと思われがちですが、洗濯が終わるのをいちいち気にしながら、料理を作るわけはないので、それだけを実現したとしてもなんの意味もありません。

 

それよりも、洗濯物を干しに行く手間

それから取りこむ手間

たたんでから収納するまでの手間と負担

をいかに少なく出来るかが大切ではないでしょうか?

 

共働きが当たり前となっている時代だからこそ、SIMPLE is…では、その動線を最も重要視したプランを提案させていただきます。

 

 

・1階に収納を多く作る

ここ最近では、家そのもののコストを重視し過ぎるせいか、1階と2階の面積をほぼ同じにした総二階の住宅が増えてきました。

しかし、このような間取りにした場合、どうしても1階に収納が少なくなり、逆に2階が余ることから2階に多く収納を作ってしまうようになります。

 

このような間取りにした場合、一見収納は決して少なくないように思いますが、現実的には、建ててすぐも、数年後も、そして数十年後も、暮らしの中心であるのは間違いなく1階でしょうから、2階に多くの収納があったとしても、あまり使い勝手がいいとは言えません。

 

 

・敷地が許す限り1階を大きく作る

ここ最近では、2階に個室をつくることが当たり前になっていますし、子供にも1人1部屋あてがうことが当たり前になっていますが、果たしてその子供部屋は有効に使われているでしょうか?

 

想像してみてください・・・

あなたのお子様が幼稚園・保育所ならば、その部屋は物置以外になにか有効に使われることがあるでしょうか?

子供部屋として、しっかり機能するでしょうか?

あなたのお子様が小学校になった時、わざわざその部屋までランドセルを持って上がるでしょうか?

また、その部屋で一人で寝るでしょうか?

友達が遊びにきた時、あなたの目が届かない2階で遊ばれたら、心配にならないでしょうか?

あなたのお子様が、もし大学に進学するようになれば、そしてその後も実家に帰って来ず、そのまま結婚するようになったら、その部屋は、その後どのように利用しますか?

 

たった数年間しか使われない部屋になるのであれば、ずっと有効に使われるように年齢やライフスタイルに合わせて住み替えが出来るような可変性がある間取りにした方がいいと思いませんか?

今だけじゃなく、将来のことまで考えつつ間取りを考えるとなると、自ずと1階が大きくなってしまうものですが、これもSIMPLE is…がご提案させていただく住まいの大きな特徴です。

 

 

ただ単に、1階を大きくしてしまうだけでは、コストばかりが上がってしまうだけですから、SIMPLE is…ではそうならないように工夫を施します!

その工夫は極めて単純で、『廊下を極限まで少なくする』ということです。

超効率的な間取りになれば、廊下がゼロの場合だってあります。

こうすることで、ムダな面積をカットすることが出来ます。

廊下1坪も、収納や部屋1坪と同じコストですから数十万円かかるのです。

ただ通るだけなのに、です。

 

また、すぐに使わなかったり、将来的に使わなくなってしまうような部屋を、それぞれの時期で有効活用出来るような間取り提案をさせていただくことで、ムダな部屋を最大限になくすようにします。

 

これら2点を設計に取り入れるだけで、驚くほど暮らしやすくて使いやすい住まいを、驚くほど手に届く価格でご提供させていただくことが出来るようになります。

つまり、あなたが切望する予算の中で、あなたにとってのベストな住まいを、ご提案させていただくことが出来るようになるのです。

 


是非弊社モデルハウスへお越しください。

下記よりご予約承ります。

 

 

スタッフ一同、お待ちしております。

来場予約
↑TOP