閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 印象に残る個性的な家

印象に残る個性的な家

2019.5.21

こんにちは、スタッフの大平です(^^)

 

5月も中旬に入り運動会シーズンですね♪

我が家の息子達の小学校でも今週末に運動会を行う予定です。

上の息子は6年生最後の運動会となります。

クラス対抗リレー、騎馬戦と今から楽しみです♫

しっかり応援したいと思います。

 


 

印象に残る個性的な家

 

 

施工実例の外観をご覧いただければ分かるように、

弊社で建てたお家は、外から見ただけでは、間取りが

どのようになっているのかが全く想像つかないようになっています。

 

 

外から見て想像がつかないということは、

防犯性に優れている』、『=プライバシー性に優れている

ということになると思いますが、この2つの要素も

暮らしやすい住まい”づくりをする上では、

明るさや風通しと並んで非常に大切な要素となってきます。

 

 

 

例えば、南側道路の土地に建てられた家があるとしたら、

玄関は道路がある南に向かって設置しているでしょうし、

1階の南には和室とリビングの2つの大きな窓があるでしょう。

2階の個室も全て南に面し、そこにはベランダへと

出られる大きな窓が設置されているでしょう。

窓の形からトイレやお風呂、それから洗面室の場所だって

すぐに分かります。

洗濯物はお隣さんとの間のスペースか、

丸見えのベランダに干すようなプランになっています。

 

 

 

多少の相違はあるものの、ほとんどの家が

このような間取りプランとなっていますが、

これでは、窓を見るだけで間取り自体が

バレバレですし、夜になれば、誰がどこに居るのかが一発で分かってしまいます。

また、洗濯物が丸見えになっていれば、その家の家族構成がほぼ一目瞭然で分かってしまいます。

つまり防犯性にはあまり配慮された間取りプランではないということが言えます。

 

 

また、このような間取りプランの場合、

プライバシー性も間違いなく低くなってしまいますから、

レースカーテンをずっとした状態になってしまいます。

でも、レースカーテンをしていたとしても、

外の様子も見えますし、中の様子も見えてしまいます。

部屋着のままで一日中過ごすことも、しにくくなってしまいます。

これでは、くつろいで家の中で過ごすことが難しくなってしまいます。

 

 

採光や風通し、それから動線の良さなんてモノは、

家を建てる上では当然のようにクリアしておかないといけない項目です。

ましてや耐震や断熱性能は、現在では当たり前のことです。

その上に防犯性とプライバシー性までしっかり配慮したプランを、

理想の予算の中で実現させていただくのが、私たちの仕事だと考えます。

 

 

家は、高いお金を出して買うものですし、

買い直しのきかないものですから、暮らしやすさはもちろんのこと、

あなたが心の底から気に入るようなお洒落でカッコ良くて住んでいてテンションが上がるような家にしたいと思いませんか?

人の印象に残って褒められるのもまんざらでもないです。

 

 


是非弊社モデルハウスへお越しください。

下記よりご予約承ります。

 

 

 

 

スタッフ一同、お待ちしております。

 

カテゴリー:かしこい家づくり
↑TOP