閉じる

BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 外壁に大きな窓のある家は本当に開放的なのか…?

外壁に大きな窓のある家は本当に開放的なのか…?

2018.6.4

外から見た時、

大きな窓がたくさんある家は、

とっても明るくて開放的な家のように感じますよね。

 

そして、おうち見学会やモデルハウスなどで、

そのようなお家を見ると、

太陽の日がサンサンと降り注ぎ、

気持ちのいい風を室内に居ながら感じることが出来ます。

 

…しかしながら、

実際に暮らし出してみると、

そのほとんどの家が、

明るくて開放的な住まいとはほど遠い

ちょっとばかり薄暗くて閉鎖的な住まいになってしまいます。

 

こんにちは

SIMPLE is...の小山です。

 

というのも、

外からの視線を隠すために、

そして鬱陶しい直射日光を遮るために、

カーテンを閉め切ってしまうからです。

(シャッターまで閉め切っているお宅もありますよね)

 

 

まぁ仕方ないですよね。

カーテン全開のモデルハウスのように、外から丸見えの状態での生活は、

考えただけでもなかなかのストレスですから(^_^.)

 

 

では

 

✔️中に入ると明るくて開放的な住まいをつくるためには?

 

明るくて開放的な家にするためには、

昼間カーテンを閉めなくてもいい家にしなければいけません。

 

それはどんな家か。

 

つまり、外からの視線をシャットアウトしながらも、

太陽の光をたっぷりと室内に採り込む

そういった工夫がなされた家というわけですね。

 

 

では、

そのためにどのような工夫をしなければいけないのでしょうか?

 

それを今からお伝えします。

 

✔️カーテンいらずの住まいにするための3つの工夫

 

その1:部屋の場所を勝手に決めつけないこと!

 

まず、必要な考え方として、

部屋の位置を固定概念に縛られて

勝手に決めつけないということです。

 

多くの方が、当たり前のように

水周りは“北”!

居室が“南”!

だと決めつけています。

 

ですが、これは土地によっては正解でもあるし、

土地によっては不正解でもある

ということを忘れてはいけません。

 

『間取り』とは、

要望と予算だけから出来上がるのではなく、

土地が持つ特徴に最も左右されるもの

なのです。

 

例えば、南側に家が建っていて、

南との距離をそれほど開けることが出来ない敷地の場合、

南に部屋を持ってきて、

どれだけ大きな窓を作ったとしても、

1階は間違いなく真っ暗になるでしょう。

 

また、日当たりが良い土地だからと、

南側に全ての居室を持ってきて、

大きな窓をつくってしまうと、

外からの視線や強すぎる日差しが気になり、

一瞬たりともカーテンが開けられない家になってしまうことでしょう。

 

 

おわかりですか?

 

その土地で本当に住みやすい家にするためには、

設計の工夫が100%必要になってくるのです。

 

そして、そのためには、

 

『固定概念に縛られないこと』

 

それがとても大切になってきます。

 

 

 

その2:コストを掛けるところを間違えないこと!

 

そして、2つ目は、

コストを掛けるところを間違えないことです。

 

例えば、

ウッドデッキをつくるにしても、

通行人やご近所さんから丸見え状態のままで作ってしまうと、

イメージ通りの使用がしづらく、結局はただの飾りになってしまいがちです。

30万円〜40万円ものコストがかかっているにもかかわらず・・

 

であれば、

家の中同様に、しっかりと使えるようなつくり方をすべきではありませんか?

 

となるとウッドデッキさえも、

外からの視線を遮ることが出来るようにしたいところですよね?

もちろん、「開放的に使うことが出来るようにするために」なので

そのための工夫が十分になされていることが前提ですよ。

 

 

しかしながら、この工夫をしようと思えば、

間違いなく余分なコストがかかってくることになります。

ですから、限られた予算の中でこの工夫を施すためにも・・

 

 

その3:家の中の無駄を最大限にカットすること!

 

が、必要になってきます。

あれもこれも実現しようとすると、

それらに予算がとられることになり、

ウッドデッキを使えるようにするための工夫が

出来なくなってしまいますからね。

 

例えば、ただ通るだけの廊下です。

廊下1帖にも30万円というコストがかかっているのですが、

果たしてこれは必要なのでしょうか?

 

廊下を作れば、ドアの数も当然増え、その分がコストアップするだけですし、

そのドアを閉め切ってしまえば、

家の中に温度差が出来やすくなってしまいます。

「ヒートショック」などの健康面でのリスクが増してしまうわけです。

 

 

また、個人の部屋も広めをご希望される方が

大勢いらっしゃいますが、

昔に比べて収納が充実し、タンスなどの置き家具が少なくなった上に、

ただ寝るだけの部屋に、

果たしてそれだけの広さが必要でしょうか?

 

これは一例ですが、

このように突き詰めて考えることで、

コストを掛けるべきところとそうじゃないところが

しっかりと見極められるようになってきます。

 

✔️外から見たら閉鎖的、でも中に入ると開放的

 

外から見たら閉鎖的(=プライバシー&防犯性に優れている)

でも中に入ると開放的(=窓が多く光に満ちている)

 

これこそが、本当の意味で

過ごしやすくて、安心と安らぎをくれる

ではないでしょうか?

 

弊社では、どんな土地であったとしても、

土地に合わせて

土地を活かす設計をすることで、

このような住まいを実現させていただいています。

 

外から見たら開放的なのに、中に入ると閉鎖的な住まい・・

外から見たら閉鎖的なのに、中に入ると開放的な住まい・・

 

さて、あなたは、

どちらの住まいが理想的でしょうか???

 

 

↑TOP